佐藤健が「るろうに剣心2014」主演!殺陣やアクションが凄い!

人気若手俳優の佐藤健さん。

2014年8月9月と連続で公開される映画「るろうに剣心」で主演!主人公である、幕末に伝説的な強さを誇った維新志士「人斬り抜刀斉」と呼ばれる剣士を演じています。

今回は完結編と銘打たれ、2012年に公開された初作は120万人動員で興行収入30億円のヒットとなり、今回晴れて続編「京都大火編」「伝説の最期編」の公開となりました。

そんな佐藤健さん。とにかく殺陣やアクションが凄いんですよね・・・

時代劇ナイズされていない殺陣がこの実写版「るろうに剣心」のヒットの最大の理由ですが、佐藤さんて元々時代劇とかやっていたんですかね?

ちょっと気になったので調べてみました。


佐藤健の殺陣やアクションが凄い!




さて佐藤さんですが、ものすごい運動神経の持ち主だということは、実際映画を見ていれば解るんですが、過去に時代劇とかやっていたんですかね?



やってらっしゃっていました^^

福山雅治さん主演のNHKの大河ドラマ「龍馬伝」で龍馬の幼馴染の岡田以蔵役でこのときも幕末の人斬り役で出演していましたね。

このときに殺陣の基礎を習得していて、それが「るろうに剣心」でのあの圧倒的な殺陣捌きにつながったのかもしれないですね。

佐藤さんの特技はブレイクダンスだそうで、高校時代はずっとダンスに明け暮れていたんだそうで、元々の運動神経がもの凄いハイスペックだったということも関係しているかもしれないですが・・・

ロッテのガム「FIT’S」のCMでも女優でモデルの佐々木希さんとダンスを披露されていましたね。



佐藤さんはご自身の出世作が「仮面ライダー電王」だったことも関係あるかもしれないですが、俳優としてデビューしてからは、志望がアクション俳優だったそうです。
この実写版「るろうに剣心」は佐藤さんにとって待ちにまったアクション映画でしかも主演!

このチャンスに燃えないはずはありません!

結果前作は120万人動員の興行収入30億円のヒットとなり、「剣心」は佐藤さんの代表作となりました。

続編であり、完結編でもある「京都大火編」「伝説の最期編」は前作を上回るスケールと、製作費、キャストもさらに増え(志々雄一派の幹部だけでも10人もいる)、名実共に前作を超える大作となりそうな予感がバシバシしています。

見どころはやっぱり佐藤さんのアクションシーンで、

「京都大火編」では原作にはなかった剣心対十本刀の対決があるみたいですし、「伝説の最期編」では佐藤さん演じる剣心と藤原竜也さん演じる志々雄との対決がクライマックスのシーンであるのは必至!

上映時間の約2時間が佐藤〈剣心〉のアクションで暴れる暴れるであっという間となることでしょう!

ぜひ劇場で、日本映画史上稀にみる殺陣を体験してみてはいかがでしょうか!

佐藤〈剣心〉は凄いですよ^^



以上「佐藤健が「るろうに剣心2014」主演!殺陣やアクションが凄い!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする