玉山鉄二のイケメンすぎる次元大介は微妙?性格はどうなの?

実写版映画「ルパン三世」。

ストーリーやトレーラー映像もどんどん解禁されていて、いよいよ公開間近に迫ってきました。

そんな中、私の好きなキャラクター次元大介がイケメンすぎてなんか違うんではないと思える位カッコよくなっています。

これって次元ファンにとってはどうなんでしょう?微妙に感じないですか?


イケメンすぎる次元はどう?


次元大介のキャラクターをざっと考えてみると、

ハードボイルドな雰囲気をまとい、硬派なイメージもあるけど女好きで、でもシャレが解るひょうきんさも持ち合わせている。

ある意味ルパン一味の突っ込み役でルパンの無茶にすぐ順応する切り替えの早さも持つキャラクターです。

全身から醸し出す雰囲気は男なら誰でも憧れるような、「渋み」をもっていて、まさにこの「渋み」がキャラ立ちの肝になっています。

顔は作中ほとんど出てこないため、顔はハンサムさは関係ない(というかあまり顔立ちは美しくない)というキャラクターです。

そんな次元を玉山さんが演じるとどうなるのか・・・

顔ばっかりみてしまうキャラクターになってしまいそうですよね。

もっと顔には三枚目感が実写で次元を表現するには必要なんではないかなと・・・

あと、懸念があるとすれば、声でしょうか・・・

次元の声ってルパンが無茶をしてそれに付き合わされる時の

「ルパ~ン」というのが結構印象的ですが、そのキャラクターにあった絶妙なカスレ具合なんですよね。

玉山さんはお顔同様声がセクシー過ぎる気がします。

公開されているトレーラー映像では玉山さん演じる次元が目立っているシーンはないので、実際玉山さんがどんな次元を演じているのか、現時点では解りかねますが、

正直玉山さんにも、小栗さん同様に完コピで演じてほしいところです。

淵の広い帽子をかぶって、あまり顔を出さずに縁の下の力持ちに徹してほしいかなと・・・

そうでないと、作中、ルパンと最も行動を共にするキャラクターでもあるので、完コピで頑張っている小栗さんとのバランスが悪くなってしまいますからね。

まだ公開映画が公開されたわけではないので、玉山さんの次元大介がどういった評価が下されるかはわかりかねますが、

吹っ切れたように完コピする小栗さんと役作りに温度差が出ないか心配しています。

ちなみに、個人的に次元を演じてほしいと思う俳優さんは、「山田孝之」さんです。


ワイルドな役、繊細な役、コメディなんでもイケる圧倒的な演技力の持ち主で、最近はヒゲの姿も様になってきています。

まさに次元!な気がしませんか?


性格はどうなの?

見た目がとてもクールでセクシーな玉山さん。性格はどうなのかというと、

実は何事も率先してやる行動派な上に、みんなを笑わせようとするひょうきんな一面もあるみたいなんです。


まじめで実直という面ももちろん持ち合わせているみたいですが、テンション高めにはしゃいだりする子供っぽい所もあるみたいで、

このギャップはモテるだろうなぁ・・・

と否応なしに思ってしまいます。

もしかして、ルパン三世の監督さんは玉山さんの普段の人柄を知っていて、

玉山さんの俳優としてのイメージではなくて、普段の人となりで「次元大介」にキャスティングしたのかなぁ・・・と思ってしまいました。

映画が公開になってみないと玉山=次元はどの様に演じられているか分からないので、なんとも言えませんが、

玉山さんの普段の性格が作品に反映されていることを願うばかりですね。


まとめ

玉山鉄二さんは次元大介を演じるにはイケメンすぎると思う。

小栗さん演じるルパン三世と最も多くのシーンで共演するであろう役のため、完コピで頑張っている小栗さんとの温度差が心配。

性格はそのクールイケメンからは想像できないくらい、ひょうきんな部分があるらしく、ルパンの監督がこのひょうきんさを知っていてキャスティングしたのではないかと推察。

とのことでした^^

以上「玉山鉄二のイケメンすぎる次元大介は微妙?性格はどうなの?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする