映画「イン・ザ・ヒーロー」のロケ地や感想、評価、評判は?公開期間はいつまで?

劇場公開が目前に迫っている唐沢寿明さん主演のアクション映画「イン・ザ・ヒーロー」。

既に完成披露試写会で映画を鑑賞している人もいるようで、映画に関して情報も続々と集まってきています。


今回は、「イン・ザ・ヒーロー」の試写会で一足早く映画を見た人が、どんな感想を抱いたのか・・・評価や評判など、気になる情報を交えてご紹介します。



感想、評価、評判は?ロケ地は?

試写会の感想を調べてみると、

『イン・ザ・ヒーロー』主人公本城渉(唐沢)のひたむきさが感動を呼びます。 映画の裏方仕事に光を当てた作品です。 クライマックスのアクションシーンは、涙なくして見られません。 福士扮する新人アイドルの成長も感動します。

熱意と愛に溢れてた!唐沢さんの爪先まで伸びた蹴りとかめちゃくちゃ格好良かったし、思いのほか楽しいとこ多くてヒーロースーツ脱いだら実際あんな感じなのかなって思ったり。えぇ、ちょっ、寺島さんw

など、大体が「面白い」「泣ける」「かっこいい」という評価や感想の様ですね。

唐沢さんが掛け合いに応じると、演技入ってなくても漫才みたいになりますし、その掛け合いが黒川友香さんや寺島進さんと繰り広げられると思うと、やっぱりファンには垂涎もの!

ラストの命を賭けて挑む唐沢さんの決死のアクションが最大のウリみたいですが、そのシーンで感動する人も多いみたいで、最後はほっこりする良い映画というのが大方の試写会での評価みたいですね^^

注目はやっぱりアイドル俳優新人を演じる福士蒼太さんと主演の唐沢寿明さんのアクション。


この二人には傲慢な新人と夢をあきらめない50代の人間ドラマもおりなしており、この二人が最後どういう結末を迎えるのか!

劇場公開が楽しみですね(笑)



ロケ地に関しては調べてみると、

ほとんどが大泉の東映の撮影所で行われたみたいですね。

現在でもヒーロー戦隊などの特撮ものは大体が大泉の撮影所で撮影されているようで、今回の映画に使う小道具なども、ほとんど東映の撮影所にあったものを代用している可能性が高いですね^^


公開期間はいつまで?

まだ公開していないのに、公開期間についての話です。

だって、見に行こうと思っていたら終わっていた!

というのは映画の悲しいトリビア第1位で頻発するエピソードですからね。

さて、公開期間ですが、当然ながらヒットすれば長くなります。

新宿のバルト9は、7月の上旬に公開した映画アンジェリーナ・ジョリーさん主演のディズンー作品「マレフィセント」が未だに公開されています(これを書いているのは9月1日)。

ディズニーと長めの契約をいたとも考えられますが、映画の注目度も考えれば、かなりヒットしている作品ですからね。

イン・ザ・ヒーローに関しては、主演の唐沢さんがかなりテレビで宣伝していることもあり、かなりヒットが期待できる作品ですよね。

さすがに「マレフィセント」みたいに2か月位やっている

とは言いにくいですが、9月6日の公開から一か月位は公開しているんではないかというのが私の見解です。

これは大手の劇場の話ですね。

日本映画は公開からDVDリリースまでの期間が長いですから、大手が公開を打ち切った辺りで、小劇場で公開されていく感じになるんではないかなと・・・

なので大手の劇場で2か月公開しているとは思えないですが、小劇場だったら公開から2か月経っていても見ることができる可能性がありますね。

大手劇場の巨大なスクリーンで観たい!

という方は大体1か月位を目安に考えてみてくださいね^^

以上「映画「イン・ザ・ヒーロー」のロケ地や感想、評価、評判は?公開期間はいつまで?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする